ホーム > お知らせ > 平成28年度プロジェクト研究費申請公募について

平成28年度プロジェクト研究費申請公募について

平成28年度プロジェクト研究費申請公募について

専門分科会代表者
認定分科会代表者 各位

日本歯科医学会
会 長 住友雅人

 平素は本学会会務運営に格別のご高配を賜り厚く御礼申し上げます。

 さて、本学会では本年度事業計画において「歯科医療への学術的根拠の提供」を重点的に取り組むべき事業と位置づけ、歯科医学・医術の進歩発達を歯科医療現場に迅速に導入することを目的に、標記プロジェクト研究事業を企画、実施しております。

 プロジェクト研究事業は、学術的かつ高度な研究結果を診療報酬改定時の新技術導入のための一助とすることを主眼としております。平成26年度からは、歯科医療を変えるcutting-edge研究についても選考対象とすることになりました。

 本事業の趣旨をご理解いただき、下記の研究テーマに基づく研究課題をご申請いただきますようお願い申し上げます。


<研究テーマ及び趣旨>

テーマA「歯科臨床の技術・材料の開発導入のための研究もしくは企画」

 新しい技術・材料が見出され、現場に導入される度に、歯科臨床は大きく変貌し、多くの国民がその恩恵を被ることとなった。歯科医学・医術の進歩は新技術・新材料によってもたらされたと言っても過言ではない。近年はナノテクノロジーや細胞工学など、目覚ましい発展を遂げた技術を応用し、多くの新規材料が生み出されている。革新的なテクノロジーを応用することにより可能となる技術がある一方、臨床の現場で今すぐ欲しい材料が、斬新なアイデアから生まれてくることもある。そして、臨床で表面化した課題を基礎研究によって解決法を見つけ、臨床に応用するというリバーストランスレーショナル・リサーチも歯科での期待度は高い。
 本プロジェクトではプロジェクト研究の原点に立ち返り、歯科臨床に革新的な変化をもたらす新しい技術・材料の開発導入を求めるものである。将来的に保険収載までを見据え製品化・具現化できる研究から、方向性を探るための萌芽的な企画まで、幅広くとらえ、歯科臨床を変革する可能性を秘めた研究もしくは企画を期待する。


テーマB「歯科診療における臨床検査の新規開発」

 診断は治療方針を決定するための重要な医学的判定にもかかわらず、現在の歯科臨床では、視診・触診などによる経験的検査に基づいているものが未だに多い。一方、21世紀の歯科医療は、エビデンスに基づいた科学的歯科医療の展開を求められており、客観的な診断基準を得るための臨床検査法の開発と臨床導入を必要としている。加速度的に進む昨今の技術革新により、歯科医療分野においても新たな画像診断機器や光を用いた検査機器などの開発において革新をもたらし始めているが、未だ緒に就いたばかりの感は否めない。
 そこで本プロジェクトでは、歯科臨床に導入できる新しい検査法・検査機器の開発と確立を目的として、臨床系あるいは基礎系における多分野の科学的叡智を集積し、21世紀の歯科医療に変革をもたらす検査法と診断体系の開発を目指す。


<研究期間>
平成28年7月1日より平成30年3月31日

<研究費用>
総額 1,200万円以内(2テーマの合計)

<申請書及び各種報告書様式等>
平成28年度プロジェクト研究テーマ及び趣旨.pdf
プロジェクト研究費申請書様式.doc
中間報告書様式.doc
総括成果報告書様式.doc
収支報告書様式.doc
日本歯科医学会COI自己申告書(和文または英文).doc
配偶者、一親等内の親族、または収入・財産を共有する者の申告書(和文または英文).doc

<その他>
詳細な応募方法等については、平成28年度プロジェクト研究費応募要領.pdfをご参照ください。

このページの上部へ移動このページの上部へ

日本歯科医学会について

  • ご挨拶
  • 概要
  • 沿革
  • 組織図
  • 役員一覧
  • 評議員一覧
  • 入会について
  • 学会規則集

活動内容

  • 活動内容紹介
  • 評議員会
  • 理事会
  • 常任理事会
  • 学術講演会
  • 日本歯科医学会会長賞歴代受賞者
  • 調査研究活動
  • 出版物のご案内
  • リンク集

What's new

Guideline library

専門分科会一

覧

認定分科会一覧

所在地