ホーム > 日本歯科医学会誌 第32巻

日本歯科医学会誌 第32巻

日本歯科医学会誌 第32巻(平成25年3月発行)

1982年創刊の『日本歯科医学会誌』は、「第32巻」を発行します。会員の先生方には3月中旬よりお届けしますので、是非ご一読ください。 最新歯科医学の情報提供だけでなく、臨床の場においても役に立つ情報を発信することで、内容の充実を図り、歯科医学の発展に寄与したいと考えています。 ついては、読者アンケートを実施しますので、より良い学会誌企画のためにご意見をお寄せください。宜しくお願いします。
日本歯科医学会誌編集委員会






― 第32巻の主な内容 ―
■ 第22回日本歯科医学会総会 報告

■ 特別企画
  ・座談会「地域住民の生活を支える歯科医療を確立しよう」
   ~健康長寿社会を共創するかかりつけ歯科医機能~

■ 学術研究
 【平成23年度総合的研究推進費課題】
  ・アミノ酸ラセミ化率を指標とした歯からの年齢推定の確立
  ・唾液腺産生物質の全身への影響についての研究
  ・ヒト羊膜を用いた新たな歯周組織再生法の開発
  ・カテキンジェルの口腔微生物叢に及ぼす影響と要介護高齢者の口腔ケアへの応用

 【平成22年度採択プロジェクト研究】
 A.高齢者医療における歯科保存治療技術・素材に関するプロジェクト研究
  ・露出根面と義歯表面をターゲットとした抗菌対策:
   抗菌物質のドラッグデリバリーシステムとバイオフィルム付着防止材の開発
 B.非歯原性歯痛の診断・治療ガイドラインの策定に関するプロジェクト研究
  ・非歯原性(筋性・神経障害性・神経血管性)歯痛の診断と治療のガイドラインの
   立案
  ・“心因性”の非定型歯痛の診断・治療ガイドラインの策定
 C.摂食・嚥下リハビリテーションにおける診断支援としての舌機能検査法の確立に
   関するプロジェクト研究
  ・摂食・嚥下リハビリテーションにおける診断支援としての舌機能検査法の確立
   プロジェクト研究
  ・神経筋疾患患者の嚥下障害の進行と最大舌圧値の推移

■ 学術講演会
 【国民が求める歯科医療をめざして -これからの訪問歯科医療-】
  基調講演「訪問歯科医療の展開と課題」
  ・訪問歯科診療による生涯を通しての歯科医療の提供
  ・口腔機能の回復を通じた生活支援のための訪問歯科診療
  サブテーマ1「必要な検査とその活用」
  ・リスク管理のための検査,口腔乾燥症の検査,摂食・嚥下障害の検査,
   訪問診療時の感染予防
  ・摂食・嚥下障害の評価
  サブテーマ2「役立つ技術と器材」
  ・さまざまな訪問歯科診療場面での技術と器材
  ・歯科訪問治療の実際

■ その他
  ・学際交流
  ・会務報告
  ・日中歯科医学大会2012
  ・関連団体報告
  ・トピックス


このページの上部へ移動このページの上部へ

日本歯科医学会について

  • ご挨拶
  • 概要
  • 沿革
  • 組織図
  • 役員一覧
  • 評議員一覧
  • 入会について
  • 学会規則集

活動内容

  • 活動内容紹介
  • 評議員会
  • 理事会
  • 常任理事会
  • 学術講演会
  • 日本歯科医学会会長賞歴代受賞者
  • 調査研究活動
  • 出版物のご案内
  • リンク集

What's new

Guideline library

専門分科会一覧

認定分科会一覧

所在地